藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

100回目の夏 | 8月5日から、全国高校野球選手権大会開幕!

ノンジャンル

100回目の夏 | 8月5日から、全国高校野球選手権大会開幕!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

いよいよ、8月5日から、

第100回全国高校野球選手権記念大会が、開幕します。

とうとう、一世紀が、経過したんですね。

感慨深いものがあります。

この100年の間に、数々のスター選手が、輩出されました。

代表的なのは、星陵高校の「松井秀喜」選手。

「怪物」と称され、その後、読売ジャイアンツに入団し、

大リーグでも、大活躍しました。

あの明徳義塾との試合で、まさかの「5連続敬遠」!

観客の怒りも、頂点に達し、グラウンドに、多数のメガホンが投げられました。

その他、「ハンカチ王子」と称された、早実の「斉藤祐樹」投手。

同じく、早実の「荒木大輔」投手。

彼の「甲子園5敗」という記録は、誰も破ることが出来ないと思います。

「甲子園5敗」ということは、春のセンバツ大会も含め、

高校3年間で、すべての全国大会に、出場したということです。

優勝こそ、出来ませんでしたが、素晴らしい記録だと思います。

「大輔ブーム」が起こり、その当時に、生まれた赤ちゃんに、

「大輔」という名前をつける両親が、急増しました。

そのひとりが、横浜高校の「松坂大輔」投手。

決勝戦での「ノーヒットノーラン」は、史上初でした。

未だに、プロ野球で、活躍しているのは、賞賛に値します。

PL学園の「KK(桑田真澄、清原和博)コンビ」も、印象深いです。

個人的に、一番の思い出は、

私が、小学生の頃の、「三沢高校VS松山商業」の決勝戦です。

蝉取りに、近所の友達と出かけて、

家に戻ると、「おかあさん、まだ、やってんの?」って、言いました。

延長18回0-0!

翌日の再試合で、松山商業が、4-2で、優勝しましたが、

三沢高校の「太田幸司」投手は、全イニング投げ切り、

「悲運のエース」と呼ばれました。


組み合わせも決定し、いよいよ、開幕です。

一回戦から、好ゲームが、続出です。

球児たちの熱い戦いに、注目!

第100回全国高校野球選手権記念大会「ダンス」篇

1992年8月16日 甲子園 松井秀喜 5打席連続敬遠

高校野球100年の物語「あの感動シーンを熱球トーク」

つぶやき一覧

皆さんも、私と一緒に、日頃、感じていることや、体験したことを、ブログ感覚で、記事にしませんか?私のこの記事も、下の青いボタンから作成しました。↓↓↓







今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ